So-net無料ブログ作成

トランス [好き放題の映画レビュー]

みなさん、こんにちはー!
腐りかけのりんごおばちゃんだよー!



さて、
前回は相方が選んだ『エグザム』をご紹介しました。
今回は、りんごっちが選んだ映画です。
果たしてクソだったのか・・・・・・・
『トランス』です!



『トランスポーター』ではありません。
ダニー・ボイル監督が撮った、サスペンス映画です。


私は、ダニー・ボイル監督の作品は
『スラムドッグ・ミリオネア』くらいしか
好きじゃないんですが、


ジャケット裏に書いてあるストーリーを見たら、
面白そうだったので借りてみました。
※『スラムドッグ・ミリオネラ』についてはこちらに書いてあります★



美術品のオークション会場で、
美術品のセキュリティを担当しているサイモンは、
仲間と共謀して、
ゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を強奪します。


が、途中で色々とありまして、
名画の隠し場所を知っているはずのサイモンは、
頭を打って記憶を失ってしまいます。


数億の価値があるであろう名画を盗んだのに、
その行方がわからなくなってしまったわけですから、
グループのリーダー・フランクは激おこです。
知ってて隠してんじゃねえかと疑って、
サイモンを拷問に掛けてみたりするんですが、
どうも、記憶喪失は嘘じゃないらしい。


ならば、なんとか記憶を取り戻させようと、
催眠療法を試してみることにしました。
催眠=トランスです。


何となく選んだ精神科医はエリザベス・ラム
褐色の肌が美しい美女です。
レッドラムではありません。


盗んだ名画をこいつら探してるなと気付いたエリザベスは、
全面的に協力してやるから
自分にも分け前を寄こせと要求してきます。


エリザベスも仲間に加え、
サイモンの記憶を取り戻す試みが続けられます。
サイモンはどこに名画を隠したのか。
果たして、サイモンの身に何があったのか・・・・・・・。



といった感じのお話で、
色々ある謎をいかに解いていくのかが、
メインテーマとなる物語でした。


まあ、当然のことながら、
この手の映画は

うああああああ、そうだったのかああああ!

という驚きを得られるかどうか、

うひょおおおお、騙されたあああああ!

と頭をかきむしってゴロゴロ転がれるかどうか、
が作品としての面白さに直結します。



じゃあ、この映画は転がれたのかというと、
うーーーーーーん、
なんかねえ、スッキリしなかった('A`)



全部観て、なるほどねえ、とは思いました。
が、
カタルシスが得られたかというと、
全然得られない。
結局、
登場人物誰にも共感できないまま終わるんですよ。
なんというか、
登場人物全員が、
物語のひとつひとつの要素をすきまなく組み立てるための
ピースに過ぎないって気がしちゃうんですよねえ。



ただまあ、
私が好きな『スラムドッグ・ミリオネア』も、
ご都合主義でまとめられてるといえば、そうですよね。
爽やかなラストだから、
ご都合主義でもええやないか〜(´∀`*)と思えますが、
『トランス』は全然爽やかな終わり方じゃないんですよ。
だから、全ての謎が解き明かされても、
モヤモヤが止まらない・・・・・。



この映画の一番の見ものは、
エリザベスのフルヌードです!
しかもねえ、ヘアヌードじゃないんですよ。
ノーヘアヌードです!


いやもう、すっごいきれいでした。
一見の価値在りです。
DVDで見た感じだと
それほどボカシが入ってる感じはしませんでした。
入っていたとしても、
薄目で観れば大丈夫!



フランク役のヴァンサン・カッセルは、
どこかで観た気がするなあと思ったら、

index.jpg

『オーシャンズ12』とか
『ブラックスワン』とか、
観たことのある映画に色々と出ていました。
これからはちょっと意識してみたいと思います。
気になる顔をした俳優さんです。



というわけで、
クソではありませんでしたが、
モヤモヤ〜とした映画でした。
面白くないわけじゃありませんけどね。


では、また近いうちにお会いしましょう。
今日も読んでくれてありがとう〜!
メルシーボークー!


トランス [Blu-ray]

トランス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



トランス [DVD]

トランス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



あなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法

あなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法

  • 作者: A・M・クラズナー
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 1995/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マインド・コントロール

マインド・コントロール

  • 作者: 岡田 尊司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/12
  • メディア: 単行本



nice!(0) 

エグザム [好き放題の映画レビュー]

みなさん、こんにちは!
腐りかけのりんごです!



特に何を借りるか決めずにDVDレンタルショップに
行ったときには、
私たち夫婦は、
それぞれ1本ずつ好きな映画を選んで
借りることにしています。


じゃあ1本ずつ選んでね〜
と言って別れ、、
それぞれが好き勝手に1本選んで集合するんです。


このときは、
お互いが選んできた映画に文句などは付けません。
観たことある映画の場合は申告しますが、
そうでなければ、
そのままカウンターに行ってレンタルするのです。


それぞれのセレクションを尊重するわけですが、
借りてきた映画を実際に観てみて、
信じられないようなクソ映画だった場合は大変です。


「なんだよ、このクソ映画!」


「誰だよ借りてきた奴はよおおお!」


と、惜しみない怒号を受けることになります。


完全なる信頼を受けるということは
同時に全責任を負うことでもあるんだな、
そうシミジミと感じさせられます。



さて、そんなわけで、
先週末も夫婦そろってゲオに行き、
DVDを借りてきましたよ〜。
今回は、相方が選んだ映画をご紹介します。


『エグザム』です!



相方は基本的にビビリなので、
「クソかもしれない・・・・・・・」と小声で言いながら借りていました。
でもね、
全然クソではありませんでしたよ〜(゚∀゚)



〈エグザム〉、つまり試験です。
とある会社の就職試験が舞台です。
最終試験に残った男女8人
試験会場に通されます。


が、それぞれのデスクの上に置かれた紙は白紙で、
問題も何も書かれていません。
試験監督らしき人物は
最初に簡単な説明をしただけで退席してしまい、
密室となった会場に、
8人は警備員1人と共に残されます。


是が非でも採用されたい8人は、
果たして試験問題は何なのかを明らかにするために、
協力し始めます。


一体この会社は何の会社なのか、
最終試験の目的とは何なのか、
8人は何を求められているのか、
そして、誰が採用されるのか、
様々な謎が少しずつ明かされていきます・・・・・・。



といった感じです。



こんだけ大きな風呂敷広げてるわけですから、
尻つぼみの可能性もあるわけで、
最後ズコーッだったらどうしようかと
相方と二人でドキドキしながら観ました。



8人は協力して
最終試験問題の謎を解き始めるんですが、
まあ、言ってみりゃライバルですから。
途中から互いに足の引っ張り合い
始めちゃったりして、
ドロドロも致します。



つーか、
一番最初の段階で、
互いの名前が分からないのは不便だから、
愛称を付けようって話になって、
いきなり黒人に向かって
「お前ブラックな。俺ホワイト」
とか言うブリティッシュ男子がいて、
その段階でもうヒヤヒヤですよ。


この試合、荒れるわ・・・・・・・!
index.jpg


直感でそう思いましたね、私は。



でまあ、ネタバレはしないので、
ボヤッとしちゃいますけど、
まあ、それなりに風呂敷回収してましたよ。
そんなズコーッではなかった。


どんでん返しもそれなりに効果的で、
最後まで飽きることなく観られました。


ただ、
たかだか採用試験でそこまでするか?!
という気持ちも心の片隅にはあり、
なんというか、
就職活動の理不尽さをよく表している、
そういう気がしました。


日本人だったらどうするかなあ。
制限時間中、ずっと姿勢正して
黙って座ってるだけかもな。


これから就職活動を始めるという学生諸君は、
この映画観ておくといいかもしれないですね。
いかに社会が理不尽か、
よく分かると思います。


企業戦士ってまさに戦士ですから。
就職活動も命がけですよ、マジで。



ただまあ、
人の話はよく聞いておくべきってのは、
いい教訓だと思います。
最近の若者は、
人の話を聞くのが苦手ですからね。
集中して一度で聞く大切さを、
この映画は教えてくれるはずです。
(そんな映画だったっけ・・・・・?)



というわけで、
相方が選んでくれた映画は、
なかなかの面白さでした!


では、
私が選んだ映画はどうだったのか・・・・・・
それは次回、ご紹介したいと思います(´∀`*)



今日も読んでくれてありがとう!
メルシーボークー!

↓『エグザム』を今すぐ観るなら
こちら!








エグザム [DVD]

エグザム [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/11/02
  • メディア: DVD



どうして就職活動はつらいのか

どうして就職活動はつらいのか

  • 作者: 双木 あかり
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2015/04/18
  • メディア: 単行本



就職活動でへこんだら読む本

就職活動でへこんだら読む本

  • 作者: 重田 剛志
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。