So-net無料ブログ作成

嗤う分身 [好き放題の映画レビュー]

みなさん、こんにちは!
腐りかけのりんごです!



みなさんは、オンラインRPGってやっていますか?
私は某超有名オンラインRPGを
かれこれ3年以上やっています。
全然強くもないし、うまくもないのですが、
毎日インするのがほぼ日課になっています。


ゲーム内でたくさんのお友だちもできました。
顔も名前も年齢も知らない友だちばかりですが、
3年一緒に遊んできた連帯感もあるし、
話しているととても楽しいです(´∀`*)


基本的にゲーム内で知り合った人は、
細かいプライベートについては聞かない
という暗黙の了解ができています。
自分から話せば聞くけれど、
基本的に住んでいる場所や家族構成は聞かない、
性別さえ聞かずに付き合っていきます。


男性キャラを使っていれば、
中の人が男性だろうが女性だろうが、
その人は男性として扱えばいい、
そういう暗黙のルールですね。


ただ、
自称小学生のフレンドさんが、
小学生のフリするの面倒になってきたのか、
どんどんオッサン臭くなってきて、
夜中2時過ぎに
「では、ぼくはちょっくらシャワーでも
 浴びてきますか」

と言ったときには、


最後までちゃんと演じてくれよ!


と思いました。



さて、それはともかく、
映画の話です。
『嗤う分身』を観ました。



ドストエフスキーの小説を原案に作られた作品です。
主演がジェシー・アイゼンバーグということで、
気になってみてみました。


冴えない会社員サイモン・ジェームズ(=サイモン)は、
向かいに住む同僚ハナのことが好きだけれど、
話し掛けることすらできず、
望遠鏡で覗き見るのを日課としている暗い青年。
もちろん、
仕事ぶりもパッとしません。


ある日、新入社員が入社してきますが、
その新入社員はサイモンと同じ顔を持った、
ジェームズ・サイモン(=ジェームズ)という人物でした。


同じ顔を持ちながら、
サイモンとはまったく異なる性格のジェームズ。
口がうまく、コミュ力に長けたジェームズは、
ハナとの仲を取り持ってやると言いながら、
ハナを自分のものにしようとします。


さらには、
サイモンのアイデアを盗み、
社内の立場や社長からの信頼も奪っていきます。


すべてを奪われそうになったサイモンは、
追い詰められた末にある行動を起こすことにします・・・・・・



という感じですが、
ややこしいですよね・・・・・・・('A`)
まあつまり、


自分と同じ顔をした、
自分よりも要領のいい人物が現れて、
自分から全てを奪っていこうとする、
そういう恐怖を描いたサスペンス映画です。


この映画、とにかく非常に不思議な世界観を持っています。
いつの時代やら何やら分からない不可思議な世界。
未来のようでもあれば、
過去のようでもある。


たとえば、
ハナは会社でコピー係を務めているのですが、
この会社、
コピーするときにはいちいちコピー担当部署に行って、
コピー部数を申告して、
担当者にコピーしてもらわなきゃいけないんです。
昭和か! と思ってしまうんですが、
コピー以外は近未来的な印象を受ける会社なんです。


デヴィッド・リンチっぽい気もしました。
そんな現実っぽいんだけど非現実な、
現実の時間軸からは外れているような世界で
物語が繰り広げられています。



【異界】的な印象は、
何よりもそのBGMからも受けられます。
予告を観ていただければ分かるかと思いますが、
BGMに昭和のGS(グループサウンズ)とか歌謡曲
が使われてるんですよwww


予告だと何だかBGMが浮いているような気がしますが、
本編では妙にしっくり来ています。
私は、特に『上を向いて歩こう』のシーンが好きだな〜。
洋画のBGMで使われたことで、
『上を向いて歩こう』という曲のイメージが変わった気がします。
何でこの曲がアメリカでヒットしたのか、
イマイチ分からなかったのですが、
ああ、欧米のスクリーンにスッとはまるんじゃん!
って感じです。


その他にも、
ブルー・コメッツの楽曲が使われていたりと、
とにかくシュールですわ。
好き嫌いが分かれるかもしれないけれど、
私は好きですね。



へんてこな世界観なんだけれど、
やはりそれをうまくまとめているのは、
ジェシー・アイゼンバーグの存在ではないでしょうか。
『ソーシャル・ネットワーク』同様に、
とにかく早口でセリフを回していきます。



その早口っぷりが、
日常のリアリティをかき消して、
観ている者を異世界に連れて行く感じなんですよね。


その一方で、
瞳に暗さといいますか、
動物が本能的に見せる脅えのようなものがあるので、
異世界に連れて行きつつ、
親近感も沸かせちゃうという、
何ともアクロバティックな演技になっています。



こういう不条理ものって、
好き嫌い分かれると思うし、
一度観ただけじゃスッキリとは理解できませんよね。
私も、一回しか観ていないので、
もう一度観たらまた新たな発見があるかもしれません。
ですから、
超おすすめ! とは言いませんが、
ちょっと気になるなら、
観てみても損はしない映画だとは思います。



では、ここらで終わりにします。
今日も読んでくれてありがとう!
メルシーボークー!


嗤う分身 [Blu-ray]

嗤う分身 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



嗤う分身 [DVD]

嗤う分身 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD





二重人格 (岩波文庫)

二重人格 (岩波文庫)

  • 作者: ドストエフスキー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1981/08/16
  • メディア: 文庫



nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。