So-net無料ブログ作成

サラの鍵 [好き放題の映画レビュー]

こんにちは、みなさん!
腐りかけのりんごです!



さて、今日も映画のご紹介です。
今日は『サラの鍵』を観ました。



2010年のフランス映画です。


1942年7月
フランスでは警察により
ユダヤ人がいっせいに逮捕されました。
ドイツではナチスが政権を掌握していた時代です。
フランスはドイツの占領下にあったため、
ナチスのユダヤ人迫害政策に追従する形で、
ユダヤ人の強制収容が行われたのでした。


小さなアパートに
両親とまだ幼い弟・ミシェルと暮らすサラも、
警察により連行されそうになりました。
サラは納戸にミシェルを隠し、
自分が戻るまで絶対に出ないよう言いつけ、
納戸に鍵を掛けました。
すぐに戻れる、そう思っていたからです。


両親と共に競輪場に収容されたサラは、
その後収容所に連行され、
両親とも離ればなれになってしまいます。


その間も、ミシェルのことがずっと気掛かりでした。
早く鍵を開けてあげないと、
ミシェルは自分が戻るのを待っている・・・・・・。
サラは収容所からの逃走を試みます。



一方、2009年のパリでは、
ジャーナリストのジュリアが、
夫の祖父母の所有しているアパートに
引っ越そうとしていました。


が、そこはかつてサラが住んでいたアパートでした。
夫の祖父母は、
ユダヤ人からアパートを騙し取ったのではないか、
そう疑ったジュリアは、
サラのことを調べ始めるのでした。


やがて、ジュリアは
サラが収容所に収容された後どうなったのか、
知ることになるのです・・・・・・・。




ナチスによるユダヤ人迫害を扱った映画です。
当然のことながら、
非常に悲しく、やりきれない気持ちになる映画です。


私は不勉強ながら、
フランスでもユダヤ人が迫害されていたことを
知りませんでした。
ユダヤ人が連行された競輪場の名前から、
【ヴェルディブ事件】と呼ばれているそうです。


が、
映画の中で、フランスの若者が、
「ヴェルディブ? なにそれ??」
と言っていたので、
フランス国内でもあまり広くは知られていなかった
事実のようです。
1995年にシラク大統領が、
公式にユダヤ人迫害の事実を認めたようですが、
政治に興味のないと、
フランス人でも知らないのかもしれませんね。



ユダヤ人迫害を扱った映画は、
これまでにも数多く作られていますが、
この映画は、
【フランスにおけるユダヤ人迫害】を扱っている点で、
他の多くの作品とは異なっています。
【ヴェルディブ事件】を扱った映画としては、
『黄色い星の子供たち』という作品があるようですが、

まだ観ていないので、
近日中に観ようと思います。
本当です、レンタル予約しましたから!



戦時中の出来事と現代とがリンクするのも、
この映画の特徴です。
サラのことを調べるジュリアは、
サラと直接の血縁があるわけではないし、
しかもジュリアはアメリカ人なんです。



ナチスのユダヤ人迫害政策とは
まったく縁のないように思えるジュリアの人生が、
サラの人生とリンクしていくのです。


これはつまり、
歴史を単なる過去としてではなく、
現代に続く事実、
現代を作り上げている大きなファクター
として捉えているのだと思います。


ユダヤ人迫害政策という人類の過ち、
世界大戦という人類の過ちは、
決して過去のことではないよ
そう私たちを戒めているように思いました。



私自身も、
【戦争を知らない子ども】です。
が、それは
【戦争を体験したことのない子ども】
という意味であって、
日本がつい70年前まで戦争をしていたことは
知っています。


が、最近は、
第二次世界大戦がいつ終わったのか、
どうして日本が戦争をしていたのか、
そんなことすら知らない若者が増えているようです。


恐ろしいことだと思いませんか?



戦争って、終わったからって終わりじゃないんですよね。
ちょっとネタバレになっちゃいますが、
『サラの鍵』も、
戦争が終わった後のサラを描いています。
戦争の経験は、
経験した人の心に永遠に残るし、
次世代の人も
その負債を受け継いでいかなければなりません。



私は、反戦主義者とかそんな難しいものじゃなくって、
単に戦争が嫌いなんです。
とにかく生理的に嫌い。
理屈抜きに嫌い!



だから、
これから先、
日本が再び戦争に参加することのないよう、
同じ過ちを繰り返すことのないよう、
切に願っています。
『サラの鍵』で描かれていた悲劇は、
まだ決して終わっていない、
そう思います。



何か今日は深刻になっちゃいましたね。
映画が映画だから仕方がない。
明日はもう少し楽しい記事を書けたらなあと
思います〜。


では、みなさま、読んでくれて有り難う!
またお会いしましょう〜。
メルシーボークー!



サラの鍵 [DVD]

サラの鍵 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



黄色い星の子供たち [DVD]

黄色い星の子供たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2011/12/01
  • メディア: DVD









nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。